サイト作成にはどんなソフトがいいの(CMSプラットホームとHTML編集ソフト)?管理人が使ったソフトのレビュー

サイト(HP:ホームページは以下サイトと表記します。)作成には、いろいろなソフトが存在します。

大きく分けて・・・

・HTML、CSSのソース編集してきめ細かいサイトを作成するもの。

・CMS(コントロール・マネジメント・システム)をサーバーにインストールして使うシステムででWordPressが代表的なものです。

どちらがよいのかは、一口では語れませんが、次から私が使用してきたソフトやテンプレートを紹介します。

 

 

サイト作りを結構長い間行っていますが、メインで使っていた作成ソフトはadobe社のDreamWeaverです。

時代の流れかもしれませんが、現在ではSEO対策等がしっかり行われる現代風なHPが要求されているようです。

また、レスポンシブWebデザインというどんな環境(PC、タブレット、スマホ端末)でも閲覧が可能な

サイト作成が要求されるようになりました。

DreamWeverでは、できないことはありませんが面倒です。

 

そこで、そうした機能に特化したものがもてはやされるようになってきたようです。

WordPress(ワードプレス)やMovable Type(ムーバブルタイプ)というCMSプラットフォームですね。

今では、WordPressはサイト作成のためのツールとして、シェアが大きく膨らんできているようです(20%以上?)。

 

もちろん私もその波に・・・だって、基本無料ですから(笑)。

わからないことがあってもネットで調べるとたいてい解決します。

(参考にさせていただいた方々、本当にありがとうございました)

機能を増やすにはプラグインを導入したり、より高い機能を求めるのであれば

有料のテーマを取り入れて作成することができます。

(たくさん販売されていますよ。いくつか購入して利用しています)

 

WordPressで作り慣れてくると、いろいろなテーマが試したくなるんです。

とくに新しい物好きの私は、無料よりも有料の方が機能的に優れていて、

デザインもきっと優れているんだろうなって・・・(安直)。

デザインについては無料のものも優れているものがいっぱいあります。

ただ、ほとんどが海外製で、加工したりその機能を使うには外国語に弱い私にとってはかなりつらいんです。

当然有料でもいいから日本語で、かつネットでも評判のものをってことになるわけですね。

 

 

話は戻りますが、今までよく使っていた(今もときどき使っています。)DreamWeaverのCS5.5ですが・・・。

あまり使う機会が無くなったので最新版はスルーしています。

でも本格的なサイト作り(HTML、CSS編集がメイン)には欠かせないものがあるようです。

(WordPressでもHTML,CSSの編集はできますが、そうしたところをカスタマイズするのは大変です。)

写真をクリックしていただくと紹介ページが開きます。興味のある方はご覧ください。

 

 

 

ここんところお世話になっているWordPressですが、

そんなに深く使えていない状況だけれど、いつもの性分で新しいテーマが欲しくなっているんです。

いくつか紹介したいと思うのですが、使い切れていないのにレポートするなんておこがましいですね。

浅く狭いレビューになりますが、ごめんなさい。

 

 

無料版については先ほども述べたように、デザインはいいのですが使い勝手に困ることが多かったんです。

デザインの変更やコンテンツの扱いに苦労したので、今回は有料版の紹介に絞らせていただきますね。

 

やはり最初に導入したのは賢威6.2(現在はは7.0にバージョンアップしています。)でした。

アフィリエイトとかを考えているわけでもなく、SEOに強い賢威なら作成したサイトも

アクセスが増えてくれるかなぁって単純な気持ちで利用したんです。

どんな有料ソフトがあるのかもよくわかっていないこともあったんですが・・・・。

自分の使用目的からすれば予算オーバーかなって思ったんですが、デザインテーマが豊富なのと

WordPressに組み込んで使うには本当に使いやすいと思ったんです。

 

賢威の良いところとか悪いところって私が述べるには難しいところがあるんですが、

単純に信じているのは巷で言われているSEOに強いというところでしょうか。

でも、強いかどうかは実感できていないのですが(笑)。

テンプレートのデザインは多いですよ。

基本的なレイアウトは数種ですが、バリエーションが多いのが特徴ですね。

そうした面ではお勧めでしょうか。WordPressで使うには有料の定番かも知れません。

 

次は INFOPLATE 5 WP の紹介ですが、これもWordPressのテーマになります。

値段は権威が2万円台なのに対し、こちらは1万円でおつり(7,800円です。)が来ます。

かなり使いやすいですね。

WordPressにあるデフォルトのカスタマイズボタンを、よりわかりやすくしていますから設定等が楽なんです。

1万円以下はうれしいのですが、私はINFOPLATE5WPをより拡張(新たなテーマが増えたこと等)した

Pro」にアップして使っています。追加料金は3,980円(これで1万円超えになってしまいました:笑)です。

 

他にもWordPressのテーマを購入しました。Coloful(カラフル)というテーマです。

LP(ランデングページ)を作るのに最適という謳い文句に乗っかってしまったわけです。

ですが、確かに簡単にしかも楽しく作れます。

LPのサイトを構築するのに便利なので、そのことに特徴があるので機能的には少ないかもしれません。

(何しろあまり使い込んでいないので詳細は書けないのですが・・・。)

このテーマを購入するときに、LP作成とかペラサイト作成っていう言葉を知ったわけですが、

アフィリエイトのサイト作りに特化しているようです。

アフィリエイトを実践しようとするときは、なんといっても忍耐が必要と言われいると同時に、モチベーションを保つには

先に書きましたが簡単で楽しくということが、多くのページ作りに精が出せるかもしれません。

そうした面でColofulはいいかもしれません。

 

 

今、メインに使おうと考えているのがSIRIUSです。こちらは、HTMLを中心に作成するソフトです。

HTMLを編集してHPを作成するソフトですが、DreamWeaver等と違い簡単にサイトが作れることです。

といって、ちゃちな作成ソフトと違いいろいろなところに細かな配慮があり、

作りやすく設定(サイト作成のための)が簡単なことです。

さすがにDreamWeaverのように微妙なレイアウトは難しい(HTMLがわかっていれば同じだと思いますが・・・)かもしれませんが、

作りやすさからいえばやっぱりSIRIUSですね。

SEO対策もでき、サイト作成が楽となれば、選ばないわけにはいかないのかもしれません。

ホームページビルダーも使ったことがありますが、HTML出力が綺麗ではなく、できあがったサイトもいまいちな感は否めなかったですね。

今はどうなのかは使っていないのでわからないですが。

そう考えるとSIRIUSが現状一番と考えています。

通常版(18,800円)と上位版(24,800円)がありますが、機能面の差から見ると上位版に軍配ですね。

いずれにせよ、結構値段がしますが、これだけの性能なら納得です。

 

 

SIRIUSがメインといいましたが、もちろんWordPressも併用しています。

サイトの特性に合わせて、使い分けしていくのがベストでしょうね。



しんぺいにメールを送る
お役に立つ記事の配信を心がけています。
記事の感想や質問等、どんなことでも良いですから、気楽にメールをください。
できるだけ早く(原則24時間以内)配信することを心がけています。

コメントを残す